なろう少女小説のススメ

なろう小説の中でも少女小説っぽい作品(独断)をレビューします。

異世界トリップ

レビュー:雪国の静けさが聞こえる。『冬眠休暇はいりません』

しんしんと降り積もる雪、それに吸い込まれる音、無音の世界。静けさの中、暖炉でぱちぱちと火が灯るような物語です。 『冬眠休暇はいりません』の、「冬眠休暇」とはなんぞや?というと、舞台である獣人の国レスタシアで、耳と尾を持つ住民たちが冬眠するた…

レビュー:勇者の姉は待つだけじゃない。『天上の青は謳う』

理想的な姉弟関係です。 『天上の青は謳う』は、勇者の弟はいるものの、彼の冒険には関わらないはずだった姉の小さな冒険の物語。 主人公、佐倉伊織(=イオリ)とその弟、佐倉悠樹(=ユーキ)は、日本人の父と異世界人の母との間に生まれ、ある時勇者の資…

レビュー:夢の中から甲冑の中へ…『黒騎士様の明日はどっちだ?!』

こういうの好きです。 『黒騎士様の明日はどっちだ?!』は、夢の中から異世界のとある国の神殿に祀られている甲冑の中にトリップしてしまうタイプの異世界トリップ小説。 その国の神殿には、建国の英雄が着用したといわれる二つの甲冑が祀られており、主人…

レビュー:猫獣人になってダンジョンを探索せよ!『猫の手でもよろしければ。~廃墟都市特殊部隊の新入り~』

なんだかとってもお久しぶりです…。ぼちぼち続けていきたいと思いますよ。 本日は遊森謡子さんの異世界トリップモノ『猫の手でもよろしければ。~廃墟都市特殊部隊の新入り~』をご紹介します。 子猫を抱えていたせいか、成人女性のチヤコは、「ムシュク・ド…

レビュー:今一番続きが気になる!『報酬はチョコレートで』

もちろん前から読んでましたが、ここ最近の展開が今一番気になる!ということで、今日のおすすめ作品は『報酬はチョコレートで』です。 主人公、園生柚子は自分の家からいつの間にか異世界へトリップ。一年の間、森の中の一軒家で世捨て人のような生活を送る…

レビュー:ピンクの胞子撒き散らす系女神様『死に掛け女のぐーたら疫神生活』

疫神ってなに? 疫病神? というタイトルについての疑問はありますが、今日は「推理」ジャンルからこちらの作品をご紹介します。 女神様こと『私』はもともと社畜系プログラマ。元気に仕事をしていたのですが、友人から送られてきた謎の小包から発生した胞子…

レビュー:世界観がすてきな異世界トリップ『花と狼』

あーやっと紹介できる! ずっと前からブックマークに入っていたこのお話、お勧めなんですが長いこと更新されていなくて、このままだと紹介したくてもできないな…と諦めていたんですが、今日チェックしたら更新されていたので満を持して紹介させていただきま…

レビュー:マニュアル人間は嫌われる『召喚聖女籠絡マニュアル』

異世界にトリップして、何もない荒野で数日間彷徨う。もう死ぬんじゃないか、と思った時に差し伸べられる救いの手。それで、その手の持ち主がイケメンだったりした日には、若いおなごなら恋に落ちて当然。……異世界トリップの定番ストーリーはだいたいいつも…

レビュー:一人で生きるってむずかしい。『払暁』

異世界トリップとともに王子様が迎えに来る――なんて古風な異世界トリップは最近じゃもう殆ど見つけられません。か弱いヒロインに共感する時代は終わりました。『払暁』は、誰に助けられずとも一人で強く生きてきた主人公ハルカの強さにシビれる作品。 中世的…

レビュー:中華風異世界トリップの正統派『ソラヨミシ』

なんとなく、異世界トリップというと中世ヨーロッパ的世界観へのトリップを連想してしまう中村ですが、中華風世界観てのもまた良いものです。『ソラヨミシ』は気象予報士の葉月が中華風異世界で天気予報をするお話。 この作品のキモは、やはり葉月の気象知識…

レビュー:シリアスなのになりきれない『神様は、少々私に手厳しい!』

いつからお前は「異世界トリップでは言葉が通じるのは当たり前」だと思い込んでいた……? 『神様は、少々私に手厳しい!』は王道かつシリアスな展開にも関わらず主人公の言動が珍妙なせいでどうしてもコメディにしか分類できないラブコメ?異世界トリップです…