読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なろう少女小説のススメ

なろう小説の中でも少女小説っぽい作品(独断)をレビューします。

レビュー:ほんわか小鳥ライフ『あなたのための月の守護鳥』

レビュー 小説家になろう 連載中 ファンタジー

タイトルって、大事だと思うんです。昨今は文章系タイトルが幅を利かせてますが、やっぱり短い単語で話の内容がわかって、かつ口にのせてしっくり馴染むってのがタイトルの要件ってもんじゃないですか? その点、この『あなたのための月の守護鳥』は完璧です。「ジャケット買い」ならぬ「タイトル読み」。そして中身はほんわかファンタジー。現在23話まで連載中。ゆるーく癒やされたい人におすすめ。

主人公はなんと、メスの小鳥さん。守護鳥と呼ばれる代々王宮で大切にされてきた鳥の、一番下の妹「砂」の視点で、昼間は砂漠、夜は海になってしまう不思議な大地に囲まれた王宮の日常が語られます。守護鳥と言ってもまだ雛なので、特別すごい力が使えるわけでもなく。王宮といえども熾烈な後継争いに巻き込まれたりするわけでもなく。今のところのんびりほんわかした雰囲気。果たして今後、砂ちゃんが秘められし未知の力を解放するときは来るのか――はわかりませんが、このゆるーい感じがいいんじゃないかな。


あなたのための月の守護鳥(作者:七草)