読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なろう少女小説のススメ

なろう小説の中でも少女小説っぽい作品(独断)をレビューします。

レビュー:中華風異世界トリップの正統派『ソラヨミシ』

なんとなく、異世界トリップというと中世ヨーロッパ的世界観へのトリップを連想してしまう中村ですが、中華風世界観てのもまた良いものです。『ソラヨミシ』は気象予報士の葉月が中華風異世界で天気予報をするお話。

この作品のキモは、やはり葉月の気象知識を駆使した事件解決でしょうか。現代の知識を使って科学の進歩が遅れている異世界で活躍する――というのは、異世界トリップの醍醐味の一つではありますが、主人公の持っている知識があまりにも特殊だったり、立場からかけ離れていたりすると少々興ざめ……というか、主人公に感情移入したい少女小説読者は置いてけぼりにされてしまいます。その点このお話が扱うのは、天気という身近ながら専門性を有する分野なあたり、絶妙。中華風、というかほぼ古代中国という舞台も葉月の「空読み」に信憑性を与えてくれます。

一章ごとにまとまっているので読みやすいので、時間のない方にもおすすめ。章を追うごとに葉月を取り巻く恋愛事情も進展していきますが、最終的には誰とくっつくんでしょうかねー。やっぱり”死神”こと湖長官でしょうか。現在第6章、41話まで更新中です。


ソラヨミシ(作者:松 茉莉)