読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なろう少女小説のススメ

なろう小説の中でも少女小説っぽい作品(独断)をレビューします。

レビュー:巨大ロボットと女子高生『わたしは甲板清掃員(臨時)』

レビュー 小説家になろう 完結済み SF 近未来

今どきガンダムもエヴァも興味ない女子なんておらんのですよ。ロボット=男性向けって図式はおかしい、もっと女の子向けの、気軽なロボットモノが増えてくれていいと思うんです。個人的にはフルメタル・パニックのアルと宗介のやりとりが大好きなんで、この『わたしは甲板清掃員(臨時)』の二人(?)のやりとりも非常にツボ。

舞台は近未来の地球によく似た世界。突然異世界の空中に放り出されてしまった女子高生奈津と、しゃべる、闘う、変形する、巨大ロボット・ランスのハートフルな異文化交流物語。奈津の女子高生らしい、明るくて前向きなキャラクターと、ランスの無機質なのに人間味を感じさせられる思考が噛みあったりすれ違ったりするのが愛しい。

短編オムニバス形式で、12話と短いのもとっつきやすい。欲を言えば、艦の上という閉鎖空間を飛び出した外での物語も読んでみたかった。続きはないのかな? こっそり期待しています。


わたしは甲板清掃員(臨時)(作者:歌瑞)