なろう少女小説のススメ

なろう小説の中でも少女小説っぽい作品(独断)をレビューします。

レビュー:猫獣人になってダンジョンを探索せよ!『猫の手でもよろしければ。~廃墟都市特殊部隊の新入り~』

なんだかとってもお久しぶりです…。ぼちぼち続けていきたいと思いますよ。

本日は遊森謡子さんの異世界トリップモノ『猫の手でもよろしければ。~廃墟都市特殊部隊の新入り~』をご紹介します。

子猫を抱えていたせいか、成人女性のチヤコは、「ムシュク・ドストラー」と呼ばれる猫獣人の姿、しかも10歳程度まで縮んで異世界に飛ばされてしまった。トリップから3年、なんやかんやありながら獣人の身体能力を活かして峡谷都市「ズムラディダラ」の警備隊の一員として、犬獣人のザファル、呪術師のクドラト、女剣士のナフィーサとともに妖魔を討伐し峡谷=ダラの最奥部を目指す――。

遊森謡子さんの小説はいくつも拝読していますが、どの作品でも共通していいなあと思うのは、主人公の精神的タフさです。年齢に見合った思考力を持っていて、異世界にトリップしたからって無茶無謀な行動をせず、的確な状況判断を下せる。かといって超人的でなく、時にはパニックになることも、感情的になることもあるけれど、いつまでもそれを引きずらないのがいい。安心してキャラクターに感情移入できるというか、感情移入した結果不快にならない、とにかく安定しているんです。

この作品の主人公チヤコも、愛らしい猫獣人の子どもの姿でありながらも、必要以上に読者に媚びないキャラクターで、外見的可愛らしさは読者の想像に任せて、精神的には決して成人女性の枠をはみ出していないのが、やはり安心の源かなあと思います。

恋愛要素はそんなにないんですが、個人的な推しメンは傷痍軍人で現料理人のトゥルガンさんです! 雨の日に古傷を抱えて蹲っているところで落ちました! 現役時代はどんな活躍をされてたのかなーと妄想して楽しんでいます。

全42話、完結済みです。

猫の手でもよろしければ。~廃墟都市特殊部隊の新入り~(作者:遊森 謡子)